木製プランターB/M
じょうろ
ガーデンツール
ガーデンシューズ
多肉のハーブ
ネックレス
室外機カバー
ガーデンマスコット
by 凛

家庭菜園のための土

家庭菜園


家庭菜園に限ったことではありませんが、
植物を育てるのに重要になってくるのが土です。

作る野菜によって適した土が違うので、
まず作る野菜を決め、その作物に合った土を作ることが必要になります。

自然農法という方法では、土壌と植物の力だけで人の手を加えず栽培しますが、下準備のためにある程度の土作りを行う場合もあるようです。


家庭菜園はじめませんか?野菜苗・土・鉢すべてそろったセット【フラワー癒しライフ1120】【フ...


このようなよい土で育った野菜は病気や害虫にも強く、もちろん味もよくなります。

土作りで重要なことは土壌酸度、通気性、排水性、保水性、保肥性を野菜にあわせることです。
家庭菜園を行う場合、一般的には野菜作りに適しているといわれる黒土を使う場合が多いです。

☆家庭菜園や庭土に!【菜園】【花壇】【用土】黒土 17L/9袋セット



しかし黒土は排水性が悪いので、腐葉土などを混ぜて排水性を上げてやる必要があります。



☆こだわりの腐葉土!「お徳用ダブルサイズ」【基本用土】【菜園】【花壇】腐葉土 40L/3袋セット



また土壌によっては酸度が強いので石灰を与えて中和してやります。

そして保肥性を高めるために腐葉土や堆肥を混ぜてやります。
ただし、これらの土作りが完璧でも害虫がいたのではどうにもなりません。
害虫の駆除は、冬の間に土を掘り起こし、寒気や風雨にさらしやるといいでしょう。

このとき同時に堆肥をまいて土作りも行えば、春には堆肥がなじんだ土が出来上がっているでしょう。

土が出来上がったら、育てる野菜に合わせた肥料を混ぜていきます。
主な肥料は窒素、リン酸、カリの3種類です。

これらの肥料は野菜にあわせて混ぜてあるものが売られていますが、土壌との関係で不足してしまう養分もありますので、それらを補えるよう、畑の状態を調べて起きましょう。
posted by えんsan at 11:42 | 土作り

花壇

花壇

植物を花壇で健康に、美しく育てるためにはそれに適した良い土を作ることが重要になります。
ほとんどの植物は排水の悪い状態を嫌うので、ある程度水はけが良くなければなりません。
かといって排水性が良くなりすぎると土が乾き、吸収する水分が少なくなってしまうため、ある程度の保水性も必要になります。

そのほかにも酸素を供給するための通気性、土の養分を蓄える保肥性も重要です。
こういった土は握るとやわらかく、弾力のある土になります。
土壌の中で養分を作り出すミミズなどが住める土が作れればベストでしょう。



花壇を作る際には、まず30cmほど掘り起こし、ごみや石などを取り除きます。

その後堆肥や腐葉土などをまき、土とよく混ぜて1週間ほどなじませます。

このときに乾燥しないよう適度に水分を与えてください。

一通り混ぜたら土のpHをチェックします。

日本の主な土壌は強酸性であることが多いので、石灰を混ぜ、植物の栽培に適した弱酸性から中性の土壌に調整してやります。

まきすぎでアルカリ性になった場合はピートモスなど、酸性の強い土を混ぜて中和してください。

すでに花壇があり、土を再利用する場合、これまでの作業のほかにすでにいる害虫の対策を徹底して行う必要があります。

プランターなどの土であれば夏に日光消毒すれば十分です。

広い花壇の場合、害虫に負けない野菜を作るための土壌の改良に加え、冬場に土を掘り起こして害虫を外気に晒して死滅させる方法をとります。



 ガーデニングカートセット【ポイント3倍】【送料無料】【送料無料1225】

posted by えんsan at 11:37 | 土作り

プランターのための土作り


プランターの強み

庭のないアパートやマンションなどでも気軽に家庭菜園やガーデニングができるのがプランターの強みです。
その反面、土の量が少ないため環境を維持するのが大変な面もあります。

そのため、畑以上に土に気を配る必要があります。

今では育てる作物に適した培養土が売っていますので、それを利用するのが楽でしょう。


【今だけプライス!期間限定価格】家庭園芸の必需品!【メーカー直送!お支払いはクレジットの...


培養土は手軽で便利ですがその分やや高くついてしまうのが欠点です。

また培養土で扱われていない植物もあります。

ここでは土を自分で作る方法を説明します。

自分で作れば経費もかからず、育てる環境や作物の性質に合った土を用意できるからです。

土作りの基本となる土に赤玉と黒土があります。

赤玉は通気性がよく一般的なガーデニング用の土といえます。
黒土は有機質が多く含み、野菜作りなどに良いとされます。

これらの土をよりよい土にするために、腐葉土やピートモス、堆肥などを混ぜて土を作っていきます。

日本の土の多くは酸性ですが、植物の多くは弱酸性から中性の土壌を好むので、強酸性の場合は石灰を混ぜてやります。

アルカリ性になってしまった場合は手を加えていない酸性の土等を混ぜて中和してください。

一度野菜などを育てた土を再利用する場合、土が痩せていたり害虫の卵があったりするので、次の手順で土を再生させてください。

まず土を乾燥させ、根や葉をふるいなどで取り除きます。
ふるいにかけた土を黒い袋に入れ、日光を当て消毒します。
消毒後に酸を中和するための石灰、作物を育てるための腐葉土などを作物に合わせて混ぜ合わせて、数日寝かせます。
これで再利用可能になりましたが、できる限り新しい土を作ったほうが問題がないでしょう。
posted by えんsan at 11:26 | 土作り

庭のための土作り

自宅の庭に畑を作りたい、あるいはガーデニングをしたいという場合、まず土作りが重要になります。

この土作りをおろそかにすると思い通りの庭や畑はできないでしょう。

良い土壌で栽培することで病気や害虫に強い植物が育ち、結果「良い庭」が出来上がることになります。
ではどうすれば良い土が作れるのか?
そのための条件を説明します。

まず通気性、これは根の酸素供給を行うために土にある程度隙間を作る必要があるためで、これがなければ植物は枯れてしまいます。

続いて排水性、つまり水はけです。水を通すことで根から水分を吸収すると同時に、古い吸気を流して換気する作用もあります。
これは通気性を良くすればおのずと良くなります。
水はけが良すぎると水分が吸収できないため、ある程度の保水性も必要となります。
赤玉土を混ぜることで水分をためておくことができるので、根への水分供給が可能になります。



「硬質赤玉土」配合!安心な【こだわり培養土】【花苗】【鉢植え】【培養土】■有機培養土 16L/...

土に養分がなければ植物は育たないので、植物に必要な養分を肥料で補いますが、それが水遣りで流れないように保肥性の高い赤玉や黒土、そして腐葉土や堆肥を土に施してやります。

「良い土」は植物だけでなく、その中の微生物にとっても大事なものです。

土の中では微生物の活動によって有機物を分解し、植物が吸収できる状態にされていきます。

そのため、この微生物が活発に活動できるように土を作ってやることになります。

微生物にとって良い活動条件は、十分な水分と酸素を保持していること、温度が30〜40度であること、そしてpH値が弱酸性〜中性であることです。

手を加えてない土は酸性であることが多いので、石灰等を混ぜて中和しておきましょう。


パワーアップした苦土石灰■土壌改良材■苦土石灰+αまんてん土づくり5kg


土作りは面倒ですがここで大半が決まってしまう作業ですので、しっかりと取り組みましょう。
posted by えんsan at 11:18 | 土作り

野菜のための土作り

野菜土作り

家庭菜園を作るにあたって重要になってくるのが土です。

作る作物によって適した土が違うので、まずどの作物を作るかを決め、その作物に合った土を作ることが必要になります。

理想は植えたらほったらかしでも十分育つ、いわゆる自然農法が可能な土ですが、痩せた土しかない場合、それを作物が育つ土に作り上げることになります。

よい土で育った野菜は病気や害虫にも強く、もちろん味もよくなります。

まず行うのは作物に合わせて土を混ぜ合わせることです。

水はけや通気性など、作物に適した土を混ぜ合わせておきます。

続いて肥料で土に養分を与えます。

野菜の生長には窒素、リン酸、カリの3種類のバランスが大事です。

現在は作物にあわせて配合してある市販品も多数ありますし、家庭では調べにくいですが、不足している成分がわかればそれだけ購入することもできます。


【野菜の土】のお得な5袋セット


また肥料は家庭でも野菜くずや魚かすで簡単に作れるので手作りしてみてもいいでしょう。

ただし堆肥は効果がゆっくりなので1ヶ月前くらいからまいておきましょう。
肥料のまきすぎは逆に野菜をいため、葉物野菜の場合人体にも有害になる場合があるため、必要以上にまかないよう注意します。

堆肥や有機肥料をまくことで土に微生物が住み、より自然に近い状態の土が出来上がります。

ある程度土が出来上がったら土壌のpH調整をします。

野菜の多くは弱酸性から中性の土壌を好みますが、多くの土は酸性であることが多いため、石灰をまいてpH値を野菜に合った値に調整してやります。

土作りは手探りな部分が多いですが、よい野菜を作るのに欠かせない作業ですので、しっかりと取り組みましょう。
posted by えんsan at 11:07 | 土作り
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。