木製プランターB/M
じょうろ
ガーデンツール
ガーデンシューズ
多肉のハーブ
ネックレス
室外機カバー
ガーデンマスコット
by 凛

プランターのための土作り


プランターの強み

庭のないアパートやマンションなどでも気軽に家庭菜園やガーデニングができるのがプランターの強みです。
その反面、土の量が少ないため環境を維持するのが大変な面もあります。

そのため、畑以上に土に気を配る必要があります。

今では育てる作物に適した培養土が売っていますので、それを利用するのが楽でしょう。


【今だけプライス!期間限定価格】家庭園芸の必需品!【メーカー直送!お支払いはクレジットの...


培養土は手軽で便利ですがその分やや高くついてしまうのが欠点です。

また培養土で扱われていない植物もあります。

ここでは土を自分で作る方法を説明します。

自分で作れば経費もかからず、育てる環境や作物の性質に合った土を用意できるからです。

土作りの基本となる土に赤玉と黒土があります。

赤玉は通気性がよく一般的なガーデニング用の土といえます。
黒土は有機質が多く含み、野菜作りなどに良いとされます。

これらの土をよりよい土にするために、腐葉土やピートモス、堆肥などを混ぜて土を作っていきます。

日本の土の多くは酸性ですが、植物の多くは弱酸性から中性の土壌を好むので、強酸性の場合は石灰を混ぜてやります。

アルカリ性になってしまった場合は手を加えていない酸性の土等を混ぜて中和してください。

一度野菜などを育てた土を再利用する場合、土が痩せていたり害虫の卵があったりするので、次の手順で土を再生させてください。

まず土を乾燥させ、根や葉をふるいなどで取り除きます。
ふるいにかけた土を黒い袋に入れ、日光を当て消毒します。
消毒後に酸を中和するための石灰、作物を育てるための腐葉土などを作物に合わせて混ぜ合わせて、数日寝かせます。
これで再利用可能になりましたが、できる限り新しい土を作ったほうが問題がないでしょう。
posted by えんsan at 11:26 | 土作り
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。