木製プランターB/M
じょうろ
ガーデンツール
ガーデンシューズ
多肉のハーブ
ネックレス
室外機カバー
ガーデンマスコット
by 凛

庭のための土作り

自宅の庭に畑を作りたい、あるいはガーデニングをしたいという場合、まず土作りが重要になります。

この土作りをおろそかにすると思い通りの庭や畑はできないでしょう。

良い土壌で栽培することで病気や害虫に強い植物が育ち、結果「良い庭」が出来上がることになります。
ではどうすれば良い土が作れるのか?
そのための条件を説明します。

まず通気性、これは根の酸素供給を行うために土にある程度隙間を作る必要があるためで、これがなければ植物は枯れてしまいます。

続いて排水性、つまり水はけです。水を通すことで根から水分を吸収すると同時に、古い吸気を流して換気する作用もあります。
これは通気性を良くすればおのずと良くなります。
水はけが良すぎると水分が吸収できないため、ある程度の保水性も必要となります。
赤玉土を混ぜることで水分をためておくことができるので、根への水分供給が可能になります。



「硬質赤玉土」配合!安心な【こだわり培養土】【花苗】【鉢植え】【培養土】■有機培養土 16L/...

土に養分がなければ植物は育たないので、植物に必要な養分を肥料で補いますが、それが水遣りで流れないように保肥性の高い赤玉や黒土、そして腐葉土や堆肥を土に施してやります。

「良い土」は植物だけでなく、その中の微生物にとっても大事なものです。

土の中では微生物の活動によって有機物を分解し、植物が吸収できる状態にされていきます。

そのため、この微生物が活発に活動できるように土を作ってやることになります。

微生物にとって良い活動条件は、十分な水分と酸素を保持していること、温度が30〜40度であること、そしてpH値が弱酸性〜中性であることです。

手を加えてない土は酸性であることが多いので、石灰等を混ぜて中和しておきましょう。


パワーアップした苦土石灰■土壌改良材■苦土石灰+αまんてん土づくり5kg


土作りは面倒ですがここで大半が決まってしまう作業ですので、しっかりと取り組みましょう。
posted by えんsan at 11:18 | 土作り
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。