木製プランターB/M
じょうろ
ガーデンツール
ガーデンシューズ
多肉のハーブ
ネックレス
室外機カバー
ガーデンマスコット
by 凛

野菜のための土作り

野菜土作り

家庭菜園を作るにあたって重要になってくるのが土です。

作る作物によって適した土が違うので、まずどの作物を作るかを決め、その作物に合った土を作ることが必要になります。

理想は植えたらほったらかしでも十分育つ、いわゆる自然農法が可能な土ですが、痩せた土しかない場合、それを作物が育つ土に作り上げることになります。

よい土で育った野菜は病気や害虫にも強く、もちろん味もよくなります。

まず行うのは作物に合わせて土を混ぜ合わせることです。

水はけや通気性など、作物に適した土を混ぜ合わせておきます。

続いて肥料で土に養分を与えます。

野菜の生長には窒素、リン酸、カリの3種類のバランスが大事です。

現在は作物にあわせて配合してある市販品も多数ありますし、家庭では調べにくいですが、不足している成分がわかればそれだけ購入することもできます。


【野菜の土】のお得な5袋セット


また肥料は家庭でも野菜くずや魚かすで簡単に作れるので手作りしてみてもいいでしょう。

ただし堆肥は効果がゆっくりなので1ヶ月前くらいからまいておきましょう。
肥料のまきすぎは逆に野菜をいため、葉物野菜の場合人体にも有害になる場合があるため、必要以上にまかないよう注意します。

堆肥や有機肥料をまくことで土に微生物が住み、より自然に近い状態の土が出来上がります。

ある程度土が出来上がったら土壌のpH調整をします。

野菜の多くは弱酸性から中性の土壌を好みますが、多くの土は酸性であることが多いため、石灰をまいてpH値を野菜に合った値に調整してやります。

土作りは手探りな部分が多いですが、よい野菜を作るのに欠かせない作業ですので、しっかりと取り組みましょう。
posted by えんsan at 11:07 | 土作り
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。